FC.CREATIVO

ゲームに出ればうまくなる

小美玉市サッカークラブ

日々のトレーニングによって技術をあげ
うまくなったらゲームに出す

こんな基準を持っているコーチがいますが
絶対におかしい。

その子にうまくなって欲しいなら
何よりゲームに出すことです。

うまくなったらゲームに出すという基準は
目先の試合に勝つための大人の都合である
ことが多いです。

サッカーを好きになることが先決で
そうなれば夢中でプレーするようになります。

頑張って、誰よりも努力してうまくなる
そう考えるコーチは多いですが

本当に好きなことをしている時は
頑張っているなどとは考えません。

苦しい努力を続ける人より
面白くて、楽しくてつい夢中になってしまう人が強いんです。

努力は夢中には勝てない
夢中になることが成功のポイントなんです。

夢中になれば
それこそ、暇さえあればボールを触り
家の中でもボールを触っている

そんな状態であれば
うまくなっていくのは当たり前です。

そのうちに
もっとうまくなりたいという欲求がでてきてきます。

そうなればトレーニングに取り組む姿勢が変わり
成長していくのです。

ここをすっ飛ばして
うまくなることを前提にやらせようとすると
サッカーを嫌いになることがあります。

コーチの役目は
サッカーの楽しさを伝え
経験させること。

もっとうまくなりたいという欲求は
本人の内から湧いてくるものであり
押し付けるものではないのです。

ゆっくりと子供の心に向き合うことが
大人の大切な役割だと思います。

ジュニアユース監督・市ノ澤
「選手募集!」

※アルコール消毒液設置など感染拡大に
取り組んでいます。

スポーツで元気な身心を育てよう!

サッカーを楽しみたい子を募集しています。

詳しくはこちら
ジュニアユースクラス
ジュニアチーム
キッズスクール
一般クラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。