FC.CREATIVO

サポート日本一のサッカークラブを目指して!

はじめまして。

NPO法人CREATIVO小美玉 代表の市ノ澤と申します。

小美玉市サッカークラブ
当クラブのサイトをご覧いただきましてありがとうございます。

私たちの考えるコンセプトをぜひ、読んでください。


日本一「人を思い、仲間を想う」サッカークラブ

 
 
最初に1つ、白状します。
 
 
クラブを立ち上げた10年前は試合に勝ちたくて
仕方がありませんでした。
 
 
そのために、怒鳴ることもあったし
ダメ出しばかりをしていました。
 
 
私たちは選手の気持ち以上に
コーチとしての思いを優先していました。
 
 
つまり、選手の利益が一番ではなく
コーチ、クラブの利益を優先していたことになります。
 
 
子供たちが好きで始めたサッカーなのに
いつの間にかやらせている状態になっていました。
 
 
そして、一番の問題は、勝負にこだわるあまり
公式戦に出れない子がいることです。
 
 
「もう少しうまくなれば」そう考えていましたから
なかなか出すことができませんでした。
 
 
そうした最中、できるだけ出場させるために
補欠ゼロに取り組みました。
 
 
そうすると、面白いことに控えの選手が
どんどん上達していきました。
 
 
その時、
私たちは「ゲームこそが一番のトレーニングだ」と
気づきました。
 
 
そこから全員を出場させて勝つという
スタイルにシフトしていったのです。
 
 
 
「緊張度の高い公式戦での経験こそが必要」
 
 
すべてのカテゴリで行われているリーグ戦は
公式戦を行い、その後に控えの選手を中心に
試合を行うのが一般的です。
 
 
控えの選手に試合の機会を与えることを考えると
正しいことではあります。
 
 
しかし、残念ながら公式戦と違い緊張度が低いので
どうしてもメンタルが育ちません。
 
 
本気で来る相手に対し立ち向かうことで
できたこと、できなかったことを経験します。
 
  
これを振り返ることで自分と向き合い
自分のレベル、ポジションを知ることになります。
 
 
例えば、学校のテストなら何点だったのか知ることで
「クラスで何番目」「学年で何番目」と
今自分がどのあたりなのかすることと同じです。
 
 
現状を知ることで、上に行くには宿題をやろうとか
復習が大事だな、塾に行こうかといったことに気づき
取り組むようになります。
 
 
つまり、自らの経験から何が必要なのか考えるので
主体的になり自ら進んで行動できる人間になります。
 
 
スポーツでも学業でも、仕事でも
自分のポジションを知るというのはとても重要であり
共通することです。
 
 
だからこそ、誰もが経験できるように
大人がその機会を作ることをしなければいけないと
思うのです。
 
 
「子供がスポーツをする意味ってあるの?」
 
 
さて、あなたは今、
子供がスポーツをすることで得られる能力とは
なんだと思いますか?
 
 
例えば、あいさつができるようになる
これなんかはよく言われることです。
 
 
他にもありますが、明確に答えることが
できる人は多くはありません。
 
 
なぜなら、スポーツをすることで得られる能力は
目に見えにくいからです。
 
 
つまり、
可視化するために数値化することが難しいのです。
 
 
例えば、数値化化しにくいことは
 
・やり抜く力
・継続する力
・自己肯定感
・忍耐力
・セルフコントロール
・思考力
・判断力
・行動力
・協調性
・思いやり
・回復力
・創造力
・独創性
 
といった、非認知能力でとても幅が広いものです。
 
 
この数値化できない能力が、
スポーツをすることで高まるのか、
そんな疑問があるとでしょう。
  
 
・スポーツが心の成長にどうプラスしているのか
・サッカーがうまくなることでどんなメリットがあるのか
・勝つことでどう成長するのか
・チャレンジ精神がどう養われるのか
・人間力がどう高まっているのか
・礼儀正しくなっているのか
・努力ができるようになっているのか
・感情のコントロールができるようになるのか
 
こういった疑問につながることから
数値化できる戦績をもとに判断することが
とても多いのです。
 
 
「スポーツで陥りがちな勝利至上主義」
 
 
最初に認識しておかなければいけないことは
私たちはアマチュアでありプロチームではないことです。
 
 
プロチームならば勝つことを要求されるし
負けることはクラブの存続、
選手の生活に影響を及ぼします。
 
 
しかし、アマチュアチームでありながら
勝つことが1番の優先順位になり
勝利至上主義に陥っているチームが多いのが現状です。
 
 
なぜ、そうするのかというと
 
良い成績を残すことで選んでもらえることを
チームがわかっているから勝ちに拘る側面があります。
 
 
勝つことは戦績として数値化できるので
チームを選ぶ際の選択基準にもなっています。
 
 
戦績から選ぶことは間違いではありませんし
良い成績は魅力的に見えることは間違いありません。
 
 
また、スポーツは勝ち負けがあるから面白いという
側面も否定しません。
 
 
勝つことは、選手だけでなく指導者、保護者も
うれしいことは間違いありません。
 
 
しかし、勝利を1番にしてしまうと
様々な弊害も起きてしまいます。
 
 
勝つためにメンバーを固定することが多いので
試合に出れないことを生み出してしまう。
 
 
それにより、自分はチームに必要ないと考えてしまい
やる気を失ってしまう。
 
 
評価の基準が結果となり、負けると自分を否定するようになり
自信を失っていく。
 
 
このほかにもありますが、行き過ぎた勝利至上主義によって
心に傷を負うことが多いと思います。
 
 
それならどうすればいいのか?
 
 
勝利目標主義に変えてしまいます。
 
 
勝つことは目標の1つであり、全てではない。
 
 
それよりも1人1人がどう成長していくのか
ここがとても重要なことではないでしょうか。
 
 
つまり
サッカー=人生ではないのです。
 
 
成長とは社会への適応でもあるので
育成年代でサッカーだけに打ち込むとなると
価値観も偏り固まります。
 
 
サッカー一色じゃなく、アンテナを広げ
社会に出たときに色々な選択肢を持てるようになってほしいと
思ったとき、結果に至る過程がどうだったのか
 
 
ここを問うことが、先に挙げた非認知能力
高めることになると思うです。
 
 
ただし、実績を上げることは
自信をつけることにつながることも事実です。
 
 
つまり、勝つことがすべてではなく勝つことは目標であり
勝利至上主義ではなく勝利目標主義なのです。
 
 
結果とは自己の成長を感じられたときが
最も大事なことだと思うのです。
 
 
 
「サッカーをすると得られるベネフィット」
 
 
足が速くなりそう、体力がつきそう
運動神経が伸びそうといったことが一般的ですが
それだけではありません。
 
 
実はサッカーをすると、脳と神経が活性化されるので
記憶力や理解力、分析力が向上します。
 
 
サッカー以外のことで、たとえば勉強の効率がアップしたり
斬新なアイデア・発想がわいてくるようになります。
 
 
ですが、どのようなサッカーをするのかがとても重要で
ただサッカーをしていてもそうはなりません。
 
 
重要なのは、自分で判断をするサッカーをすること。
 
 
外からコーチがいちいち指示するのではなく
選手が自ら考えてサッカーをすることで
脳と神経が活性化されるのです。
 
 
また、選手自身が選択することは自分が納得して選んだ結果として
受け止めることができます。
 
 
つまり、自分で行う選択は本人にとって常にベストな選択で
そのベストの選択よって生み出される結果は本人にとって
常にベストな結果だから後悔が生まれません。
 
 
自分以外の誰かの意見に従って選択したなら
それが望んだ結果と異なると後悔をするわけです。
 
 
何事も自分で選択することは
この先の人生において重要な経験となるのです。
 
 
「自分を思い、仲間を想うこと」
 
 
自分を思うとは、自分を好きになる、自分を面白がるために
自分と向き合い本心を知るということです。
 
 
そこで、私たちは選手に
「どんなプレーをするときワクワクするか?」
そんな質問をします。
 
 
そうすることで、自分自身と会話するので
自分と向き合うことになります。
 
 
この自己対話により好きなことを認識するので
そのことを考えるだけでワクワクしますので
1人でやる気スイッチを入れることができるようになります。
 
 
つまり、行動力が高まるのです。
 
 
こちらが大声をあげてあおらなくても
モチベーション高く取り組むようになります。
 
 
これは、何もサッカーだけでなく
学業やその他のことでも同じようにできるようになります。
 
 
これがやらされるのではなく
自ら取り組む姿勢を作るからくりです。
 
 
そして、仲間を想うとは仲間の良いところを認識することです。
 
 
人は嫌なところに着目すると、嫌なところばかり
見てしまいます。
 
 
そうではなく、チームメイトの良いところだけを見ることで
「支え、支えられ」「与え、与えられ」
「認め、認められる」「称え、称えられ」
という理想的なサポートする関係を築くことができるようになります。
 

建設的な人間関係を築くには、
仲間の失敗を責めなことが許容心を養うことになり

自分の考えを押し付けず
相手の考えを尊重することができるようになるのです。
 

つまり、サポートしあえる関係作りを
ここで経験してほしいのです。


 
さて、ここまで長々とお話してきましたが
サッカーを通じて何を学ぶのかが重要だということです。
 
 
サッカーを楽しむというのは最早当たり前のことで
これからはどんな場面でも楽しめるのかが重要です。
 
 
うまくいっていないときに
ふてくされるのか、八つ当たりするのか、やる気を失うのかではなく
その状況のとらえ方を変え、ポジティブにとらえることができるか。
 
 
目の前に現れた困難をチャレンジの機会だととらえることができたら
すごいことだと思いませんか?
 
 
そんな風に思うことができた子は
きっと社会に出たとき自分自身で道を切り開くことができる
と思います。
 
 
そこでもう一つ言えることは、技術の向上によりできることが増えるので
プレーすることが面白くなります。
 
 
技術を向上させるには、サッカーを好きになることで夢中で取り組むことと
続けることで必ずうまくなります。
 
 
ただ、サッカーを楽しむだけでは、その人の気分に流されて
取り組みを積み重ねることができません。
 
 
もしかしたら、その日の気分に流されてさぼることも
あるかもしれません。
 
 
だからこそ、セルフコントロールが必要であり
それが継続する力、やり抜く力を高めることになります。
 
 
そのためには、サッカーを好きになってもらうために
環境を作ることが私たち大人の役割です。
 
 
では、環境とは何かというと安心して楽しめる
心理的安全性の確保です。
 
 
これは、失敗や敗戦に対して大人が寛容になることです。
 
 
そうしながら、続けることの大切さを指導者、
親が伝えていくことが必要であり、
慌てずゆっくりとその成長を見守る姿勢が大切です。
 
 
成長を見るとき単に、
強い、弱い、できる、できないという評価で見るのではなく
人としてどう成長したのか、ここにもっと注目してほしいと思います。
 
 
多くの子供たちの成長に貢献できればうれしいです。
 
ぜひ体験に来てください!
 
クレアティーボでは3つのクラスをご用意しています。
 
年齢にあわせてお進みください。

サッカーで遊ぶ小学2年生以下のスクール
キッズスクール

小美玉市サッカークラブ

楽しみながら真剣にプレイする小学3~6年生のチーム
ジュニアチーム

小美玉市サッカークラブ

サッカーと私生活の充実を目指す中学1年~3年生のチーム
ジュニアユースクラス

小美玉ジュニアユース

各クラス定員を設けています。

体験会を随時開催していますので、
ぜひご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。