FC.CREATIVO

本当に聴いてる?

傾聴

相手の話を聞こうと思っている時ほど
自分の話をしてしまっていることが多いものです。

なぜなら、
人は聴くことよりも
話す方が向いているからです。

自分の経験、知識に関することだと
なおさら自分のことを語りたくなる。

最終的に、自分事を話して終わってしまう
ことが多く、本人は満足して終わる。

相手にしてみれば、聞いてほしかったのになと
思っていることは間違いないでしょう。

これは、子供の場合でも同じで

せっかく話をしているのに
聴いてる側がその話を上からかぶせるように
レクチャーして終わる。

この傾向が多い人は
自分を理解してほしいという
意識の表れから、そうなることが多いのです。

つまり、承認欲求を満たしたいのですね。

ですが、多かれ少なかれ誰にでも
承認欲求はあるでしょう。

それならば、その事実を認めたうえで
話をする人を理解しよう、認めようとする
態度を相手に伝えることです。

具体的には、
相手が本当に聞いてほしいことは
何だろうと

興味関心をもって聞いてあげると
うなずきや相槌が自然と出るものです。

子供の話だからと、適当に聞いては
いけません。

自分の話に興味がないんだなと
間違いなく見抜かれていますよ。

まずは、相手の目を見てうなずいて
話を聞いてみましょう。

そんな小さなことでも
関係性は良くなります!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。