FC.CREATIVO

選手1人1人を育てるために チームが存在する

関東クラブユース選手権の運営をお手伝いしてきました。

我々が目指す上位チームのゲームを
間近で見れて良かったです。

両チームとも縦ポンではなく
ボールを動かし人が関わる面白いゲームでした。

たくさんの判断を繰り返しながら
ゴールを目指す

こんなプレーモデルでゲームを組みたてることで
より多くの経験が積めます。

このような経験をたくさんすることで
ユース世代の活躍につながると思います。

それを、どれだけの選手に経験させるのか
ここは難しいところです。

目先の勝にこだわれば、メンバーは固定されることが
多いでしょうし

育成にこだわれば、勝ちを拾うことが
難しくなります。

育成することで勝ちが付いてくるのが
理想です。

これは簡単ではないことです。

しかし、子供達にチャレンジを求めるならば
大人もチャレンジするべきです。

選手1人1人を育てるために
チームが存在する

そんな考えで取り組んでいます。

来週は、真剣勝負の中で
トレーニングで積み上げてきたものが
発揮できるのかを試す場が控えています。

そして、真剣勝負の中で
心を平常に保つことが最も大切なことあり
全ては自分から始まるのです。
ジュニアユース監督・市ノ澤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。