FC.CREATIVO

心の状態を上向きにする方法

スポーツで自分より格上の相手と
対戦することがあります。

この時の選手は緊張状態に
なりやすいのは想像できるでしょう。

そもそも緊張とは
交感神経が有利になり心臓がドキドキし
呼吸が浅くなるなどの状態になります。

他には、口がカラカラなったり
トイレに行きたくなるのもあります。

ですが、この緊張状態は
全身がパフォーマンスを出すための
準備体制に入っているので
悪い状態ではないのです。

ただ、緊張が強くなれば
パフォーマンスが落ちることも
あるので、自分を落ち着かせる
ことも必要です。

よく、緊張している時に言われる
深呼吸は理にかなっていて

数時間を短くし
深く長く息を吐くことで

副交感神経の働きが戻り
自律神経のバランスが整います。

緊張は脳の働きによるものと
覚えておけば原因がわかっているので
安心の材料になります。

緊張は悪い状態ではないですが
問題は心の状態です。

心の状態が
下向きの場合だとパフォーマンスに
影響があります。

もし、あなたの子供が
心の状態が下向きだったらどうしますか?

続きは下記の申込フォームから
メルマガを購読してください!

メルマガを申し込むと
子供の脳と心を育てる
育脳バイブル(PDF)をプレゼント中!

メルマガ申込フォーム

現場での育成経験とメンタルコーチング理論を
ベースに子育てに役立つ情報を発信中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。