FC.CREATIVO

クレアティーボの指導について

Jpeg
私達はその子の現状を受け入れる、認める所から始めます。

足の早い子、遅い子、体の大きいい子、小さい子、サッカー経験の長い子、短い子と色々です。

ですが、すべてOK!

出来るできないは気にしません。

それよりも、サッカーを楽しんでもらい好きになってもらい、向上心に繋げたいと考えています。

今が全てではい、そう考えています。

私達コーチは結果についてあまり拘りません。

負けても良いと思いながらゲームはしませんが、勝ちを押し付けることはしません。

それよりも、過程をよく見て褒めます。

例えば、シュートが外れてもそこにいくまでの過程が良ければOKという考えです。

技術は少しずつ身につけていくものですから、今出来なくても良いと思っています。

技術は繰り返し行うことで身についていくものですし、人それぞれ身につくスピードは違って当たり前。

なので、ミスをつつくようなコーチングはいたしません。

「褒めて伸ばす」

これは非常に残念なことですが、子供達を言葉や条件(できなかったらベンチなど)で追い込んでやる気にさせる指導をするコーチをまだまだ見かけます。

もっと上のカテゴリでは必要な事なのかもしれませんが、小学生では逆効果だと思います。

なぜなら、サッカーは楽しいと自ら始めたはずなのに、いつのまにかコーチにやらされている状態になってしまうからです。

だから辞めたくなる、辞めてしまうのです。

サッカーはやらされるものではなく、楽しんでやるもの。

その子の今の実力を認め、適度に褒め、先を見据えてゆっくりと育てていくのがFC.クレアティーボのやり方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>